2018.06.09

第22回 サムライ整骨院定例セミナー

皆さんこんにちは!

今月の定例セミナーのご案内です!

第22回定例セミナー

今月は院長の担当月です!

なので量子的医学の分野のお話をさせていただきます!

『心と身体がつながっているとは?』

なんとなくわかっていそうで、よくわからない。

なんて方も多いのでは無いでしょうか?

『病は気から』とよく言いますが、その実態はよくわかりにくいですよね。

 

そこで、

思考(考え方やイメージの持ち方)によって遺伝子が変化するエピジェネティクスという考え方。

 

心や意識。見え無いけれど存在する感覚的なあの感じはなんなのか?

 

常に私たちは『分離』を恐れ、その恐怖のストレスが多くの根元である事。

 

心と身体が繋がっているのは、人間もそもそも粒と波でしかない。という事。

 

脳とはなんなのか?

本当に私たちの身体を支配しているのは脳なのか?

 

『腹積り』『腹を割って』『腹を切る』『腹黒い』

こんな言葉が昔から使われるように。

私たちの本心、本音は本当に脳が支配しているのか?

いや、脳は受信機でしか無い。人間の本音は『腹』にある。

この事が知られ無い事が私たちは頭で考え頭に答えがあると思っているからこそ、答えが見つけられずストレスを溜め込んでしまう。

 

そんな心と身体のつながりを知る事で、心が身体を動かし、心が身体を調節し、心に自分の本質がある事を知っていただけるのではないかと思います。

 

身体の中、外で起きている事は、身体の中の問題ではありません。

それは”心”が乱れている事によって起きた結果であり、現象であり、目には見え無い心の状態を表す象徴。

 

これが最古の教えであり、最先端の科学の考え方です。

 

『頭でっかち』は何も進まない。

『腹を据える』から生き方が決まる訳です。

 

そんな世間的にはぶっとんだ話かもしれませんが、ご自分の身体が、心が言う事を聞いていくれなくてお困りの方はぜひ、当日足を運んでいただければと思います。

 

では当日お会いできるのを、心よりお待ちしております( ´ ▽ ` )ノ

© サムライ整骨院