【帝王切開、病気、けが】手術のあとが突っ張らなくなった!|札幌円山の整骨院・筋膜リリース・ボディートーク・心身療法ならサムライ整骨院

  • インスタグラム
  • フェイスブック
  • LINE@

tel.011-621-2096

【帝王切開、病気、けが】手術のあとが突っ張らなくなった!

10年以上前の手術。もう諦めていた。

それでも硬くなった手術のあとを柔らかくしたら、腕の動きが楽になった!

もう『出産、病気やケガの手術で助けられたから、手術痕のツッパリ感や動きにくさは仕方がない。

と思わなくても大丈夫!

 

お腹の手術のあとがツッパッて腰や股関節、脚が痛くなることがあります。

腕の手術のあとが手首や肩の動きを制限してしまうことも!

背中のあとが、首の痛みの原因なんてこともありました。

そのほかにもいろんなことが考えられます。

 

いつかの手術のあとを触ってみてください。

硬く盛り上がっていませんか?

一度、傷ついた部分はそれまでよりも強くしようとするので、硬くなるんですよ!

 

まるで針と糸を使って穴を塞いだときのように!

 

そして、その布は縫った所を中心に、周りを引っ張ってしまいます。

 

それと似たようなことが起こり手術のあとはツッパッてしまい、周りの関節にも影響を与えてしまうんですね。

 

ではその手術痕をどうするのか?

古くて硬いところだけを壊してあげればいいんです。

古く硬い細胞を壊すことで、そこに新しく柔らかい細胞が穴埋めをしてくれます。

そうすると周りを引っ張らなくなるので、周りの関節の動きも良くなり、それが原因だった痛みもなくなるのです。

 

思い当たることがあれば、一度ご相談くださいね!

© 札幌円山整骨院・筋膜リリース・ボディートーク・心身療法 | サムライ整骨院