【姿勢】美しさの基準|札幌円山の整骨院・筋膜リリース・ボディートーク・心身療法ならサムライ整骨院

  • インスタグラム
  • フェイスブック
  • LINE@

tel.011-621-2096

【姿勢】美しさの基準

『美しさ』って2つあると思うんですよね。

*変化する美しさ*不変の美しさ

 

変化する美しさは個人の感覚や時代によって変わるし、不変の美しさは誰が見ても美しい。

 

例えば、服装や髪形、美しい顔立ち。これらは感覚や時代で変わりますよね。

昔の写真をみて、なんでこんなロン毛にしていたんだろう?とか、ガッツリ肩パット入れていたんだろう?など思ったこと、一度くらいはありますよね。

 

じゃあ、壮大な自然、色とりどりの花、絵画、プロのダンスなどはどうでしょう?

いつの時代でも、誰もが美しいと感じると思います。

 

何が違うのかというと、多くの人が無意識に引き付けられるものには法則性があるんです。

それが、フィボナッチ、黄金比などと呼ばれるものです。

 

 

では【姿勢】の美しさはどうでしょう?

背筋がピンと伸びてるのが美しい。そういうイメージが一般ですよね。

でも、それって本当でしょうか?

 

本来の自然な人間の背骨はS字カーブになっていて、その曲線の美しさにも法則が隠れています。

 

このバランスの取れたカーブがある方が、本来の美しさが感じられると思います。

 

そして日本人の骨格や筋肉のつきかたとは違いますが、単純に美しいカーブだなぁ~と感じたのはアンジェリーナジョリー。

 

しっかりカーブがありますが、美しい姿勢にみえませんか?

こうやって常識を改めて考えると、新たな発見があっておもしろいですよ!

自分はどうなんだろう?

気になる方はご相談くださいね。

© 札幌円山整骨院・筋膜リリース・ボディートーク・心身療法 | サムライ整骨院