【秋バテ】言葉が症状ををつくる!?【札幌 整骨院】|札幌円山の整骨院・筋膜リリース・ボディートーク・心身療法ならサムライ整骨院

  • インスタグラム
  • フェイスブック
  • LINE@

tel.011-621-2096

【秋バテ】言葉が症状ををつくる!?【札幌 整骨院】

たまたまネットで出てきた言葉…【秋バテ】

そんな言葉があるのかぁ~なんて思っただけでしたが、

もしや!?と思い調べてみると、春バテ・夏バテ・秋バテ・冬バテ

全部ありました!( ゚Д゚)

 

これに【季節の変わり目】不調を合わせると…

 

一年中、体調不良の要因があるじゃないか!!!

 

 

 

じゃあいつバテないんだろうか?

 

と、ちょっと捻くれた考え方をしてしまいましたが、

これに疑問を持つことは、けっこう大事だと思っています。

 

 

人っておまえはダメな奴だ!使えないやつだ!と言い続けられると、本当に自分がダメな奴だと思い込んでしまう傾向があります。

 

それを思い込んだら本当に失敗しやすくなったり、何もできなくなったりします。

 

①言葉があって⇒②自分で意味付けして⇒③身体が反応する。

 

極端な話、ダメな奴という言葉や概念がなければ、身体は反応することもありませんでした。

 

という事は言葉に反応しています。

 

話をもどすと、秋バテという言葉がある事によって、たまたまその日に体調が悪かっただけで、

秋だから秋バテになってしまった、と思い込んでしまいます。

 

そして、自分=秋バテという情報がすりこまれると、秋になったら体調を崩すという反応をします。

 

もし、同じ時期に体調を崩すようなことがあれば、あなたもいつの日からか言葉に左右されているのかもしれません。

 

『じゃあ言葉をつくったやつが悪いんじゃないか~どうしてくれるんだ!』と思う方もいるかもしれません。

 

もちろんこういう言葉はないほうが楽なのですが、もう存在するし、知ってしまったものはしょうがない。

 

でも、これは最終的に受け取り方の問題になるんです。

 

さっきのお前はダメな奴だ~の話に戻りますが、

 

もし、אתה בחור רע(ヘブライ語)とか

မင်းကလူဆိုးတစ်ယောက်ပါ(ミャンマー語)

 

と言われたらどうでしょうか?

 

言葉の意味は同じくお前はダメな奴だ~といわれているのですが、
わからない言葉で言われても、『なんか怒っているっぽいけど、なんだろう?』

 

くらいにしか思わないんじゃないでしょうか。

言葉の意味がわからなければダメージもほどんどありません。

 

言葉があるだけで自分に悪影響が出るのではなく、受け取り方で悪影響が出るんです。

そして、幸いなことに言葉の受け取り方というのは自分で、自由に決められます。

 

 

お前はダメな奴だ~と言われたら、

 

①自分はダメな奴なのか~しょぼ~ん。

②こんだけ見られてるという事は期待されているのか!がんばろう!

どう受け取るかは自分次第です。

 

 


どっちが自分にとって楽な考え方ですか?

どっちが正しい、間違いとかではなくて、どっちが自分にとって都合がいいかで決めるといいと思います。

 

おめでたい考え方だな~と言われても体調を崩したり、悲観的になるよりマシなんじゃないでしょうか。

 

もし、この考え方ができるようになったら、自分がダメな奴だと思わないで済むかもしれません。

 

秋バテも受け取り方しだいです。

 

毎年、秋にに体調を崩しているのなら、【秋】に自分の都合の良い意味づけをしてみてください。

 

例えば今まで、秋と言えば秋バテ、冬が近いから寒くてイヤだな~と意味付けをしていたのなら、

秋は美味しいものがたくさんあるし、紅葉もきれい、旅行にはベストな季節。

 

こんな感じで、自分にとって楽しい意味にして、楽しく過ごすと、秋バテなんておきません。

体調は、脳の意味付けによって良い方向にも悪い方向にもコントロールできます。

 

これはすべての事に応用できると思いますので、ぜひご活用ください。(新型コロナにも)

 

© 札幌円山整骨院・筋膜リリース・ボディートーク・心身療法 | サムライ整骨院