つわり正体は体の酸化|札幌円山の整骨院・筋膜リリース・ボディートーク・心身療法ならサムライ整骨院

  • インスタグラム
  • フェイスブック
  • LINE@

tel.011-621-2096

つわり正体は体の酸化

皆さんこんにちは!
サムライ整骨院の後藤です( ´ ▽ ` )ノ

今回は【つわりの正体】について

私のクライアントさんにも「妊婦」さんが多数いらっしゃって、数名が臨月です

元気なお子さんを産んでいただきたいですね( ´ ▽ ` )ノ

そんな中、最近「つわり」がなぜ起きているのか?
ということが、恥ずかしながら最近情報をキャッチしたので、皆さんにも( ´ ▽ ` )ノ

現在、妊娠中で「つわり」でお悩みのお母様にお役に立てばと思います。

では「つわり」とはどんな状態なのでしょうか?

その答えは・・・

【体の酸化 アシドーシスの状態】

体の酸化?はて?どうゆうこと???

簡単に言うと血液や細胞内の水のph値(アルカリ性か酸性かを表す値)が酸性方向に傾いてしまっている状態です。

そしてなぜ、妊娠期3ヶ月前くらいまでに「つわり」が多いのか?

それは、胎児の細胞分裂が一番盛んに行われるのが、妊娠期約10週程度まで。

この細胞分裂に使われる「酵素」が胎児に大量に持って行かれるために、体が酸化し始め、酸性物質を排泄するために「つわり」=「吐く」、胃液から酸を排泄する。という生理的反応が起きます。

この「つわり」を解消させ、胎児にも良い環境を作ってあげるために「酵素」の摂取が重要になってきます。

特に体をアルカリ性にしてくために必要な「酵素」は「果物」に多く含まれています。
特に、アルカリ性にしてくには「柑橘類」がおすすめです。

妊娠中に「酸っぱいものが欲しくなる」というはここからきていると考えられます。

実は柑橘類の果物はそのままでは酸性が強いのですが、胃の中の消化酵素を混ざり合うことで強いアルカリ性に転換されるため、腸で吸収されるときには「アルカリ性」の物質氏として吸収されます。

そして次に必要なのは「ミネラル(塩分)不足」です。
よく妊婦さんも血圧の問題などで、塩分は控えめにするよう。言われることがありますが、これは「食塩」の話しです。
一般的に言われる食塩は「塩化ナトリウム」と言われ、塩ではなく化学物質です。

この際ミネラル(塩分)を摂取するには【海水塩】がおすすめです。
できるだけ天日蒸発での良い塩を探してください。

これはよく言われる物ですが「葉酸」の摂取です。
「葉酸」はサプリメントもありますが、極力果物、野菜などからの摂取が良いかと思います。

あとは「運動」です。
筋肉の収縮にて血液の循環を促進させ、酸化の大敵である「宿便」の解消にも役立ちます。

現在妊娠中の方や、ご家族やご友人の方で「つわり」でお悩みの方がいらっしゃれば、参考にしていただけると幸いです( ´ ▽ ` )ノ

当院のブログをご覧いただき、感謝いたします。

ご予約はコチラから
↓  ↓  ↓

サムライ整骨院
札幌市中央区北1条西24丁目
4-1 東光ストア円山店2階

☎︎011-621-2096

ご相談、往診依頼はコチラから
samurai.seikotuin@gmail.com


https://www.facebook.com/SamuraiZhengGuYuan

© 札幌円山整骨院・筋膜リリース・ボディートーク・心身療法 | サムライ整骨院