世の中まだまだ分からないことだらけ。でも古代人は知っていた。|札幌円山の整骨院・筋膜リリース・ボディートーク・心身療法ならサムライ整骨院

  • インスタグラム
  • フェイスブック
  • LINE@

tel.011-621-2096

世の中まだまだ分からないことだらけ。でも古代人は知っていた。

皆さんこんにちは!
サムライ整骨院の後藤です( ´ ▽ ` )ノ

ちょっと今日は私の独り言です。

ごくごく稀に
『君の言っていること、やっていることは非科学的だよ』
的なことを言われることがあります。

そんなのもちろん承知の上です( ´ ▽ ` )ノ笑

ただこれは私の考えなので、批判は受け付けません( ´ ▽ ` )ノ笑
『非科学的は”未科学的”』
とは言い換えられないでしょうか?

ようは『科学的に証明ができないもの』
ではなくて
『まだ科学的に証明ができていないもの』
との違いではないか?と思うんです。

ということは将来性も可能性もある。ということでしょう?

私はどの学問も専門性として研究しながら、一つに集まることが重要だと思っています。

例えば私の場合だと
・西洋医学
・東洋医学
・哲学(西洋・東洋・インドなど)
・宗教学・神学
・量子力学・物理学
・考古学
・宇宙論
・数学的思考
・政治
・歴史
・神秘学
・心理学
・エネルギーや電気のこと

などでしょうか?
こんな感じで、まだ広くあさ~く。学ばさせていただいています。
一見私の仕事には関係なさそうなものが多々ですが、そうでもないんですよ。

私がこれらを調べるのは全ては『生命体医学』を完成させるためであって、『人間ってなんだ?』『なぜ人間は病を患う?』『自然治癒力ってなんだ?』『治癒するってどういうことだ?』『人間の持っている本来の機能とは?そして、それを引き出すには?』

ということを探し求めていたら、こんな感じになりました。笑

すると世界には同じようなことを考えている人達が沢山居て、私なんて手も足も出ないような人達が山ほど居るわけです。

そうするとますます『古代人の知恵』というものがいかに現代文明よりも優れていたか?が見えてくるんですね。

例えばこれ
『病は気から』
よく、これは病は「気持ち」から。と言われますが、もちろんそうだと思います。
ですが東洋で『気』とは『エネルギー』のことを指します。
『エネルギーの乱れは病をもたらす』
とも解釈できますよね。
東洋医学で行くと『経絡』

量子医学で行くと『エネルギー場』とならないでしょうか?

私たちの体や心を形成する全ての情報は『エネルギー場(トーラス)』に存在することがわかり、その真空空間の構造を導き出した『ナシーム・ハライメン 氏』の【64正四面体】の構造(左)。とエジプト最古の建造物を言われるアビドスの『オシリス神殿』(右)に描かれていた図が全くの瓜二つであること。


最先端の物理学や建築構造の学問などからようやく導き出し、CG化させた図が古代の神殿から全く同じものが見つかる。というのは、偶然なのか?それとも古代人はとっくにそのことを知っており、これを応用してピラミッドなどを作ったのか?
と色々考えられるわけです。

ちなみに東洋の陰陽などで使われる『易学』も64から構成されています。


そして、この一本線の(陽)と二本線の(陰)を棒のパーツして構成した時、64正四面体が出来上がるそうです。


と言った感じで、まだまだ色々あるのですが、こんな感じです。

私的には
古代は『真実の探求の時代』
近代は『利便性の探求の時代』
そしてこれからの世代は『応用の時代』

だと思っています。

現代は『利便性』を求めるが故に『真実』を忘れてしまいました。

ただ、今になってようやく『利便性』を追求すると『真実』が見え始めました。

ようやく現代の『科学』と古代の『知恵』が融合し始めた時代です。

なので、これからの時代はこれを『応用』する時代と言えます。

多方面、多分野の融合が今必要と
されていると思います。

それはどの分野でもです。もちろん私たちの『医学』も。

1つの分野に偏っていてはもうすでに時代遅れです。

『私の医学が全て正しい!』なんて医学は現代には何一つありません。
あるわけありません。
あったらこんなに苦しむ人達がいるわけがありません。

お互いに手を取り合おうとせず、お互いを潰し合おうとする時代だからです。

多方面を受け入れようとしないからです。

だから、間違えます。

でもその間違えに気づかずに、正しいと思い込みます。

そのエゴが結果、人を苦しめます。

そしてその事にも気付きません。

根本から洗い直そうとしないから。

全て白紙にもどしてよ~く『人間ってなんだろう?』
と考えてみると、自分のやってきた事が逆に人を苦しめている事に気付くはずです。

私も何個か、かつては一生懸命頑張っていた考えやテクニックを捨てました。
『今はいいかもしれないが、将来的に支障がでる。そしてその瞬間のリスクの高さ、治療家としてのエゴ』
結果、まだまだ成熟しているわけではありませんが、今のような形に至りました。

仏教の中に『無知は罪である』という言葉がありますね。
ダメだと知っていてやるよりも、知らずに罪を犯す方が罪としては重い。
という事です。

知っていて罪を犯すのは、なにかしらの事情があるかもしれない。
でも知っているのなら、まだ修正できる余地はある。

でも、知らずとして、知ろうともせずに罪を犯すものは、修正のしようがない。
これが一番の罪である。

と説かれたわけですが、なかなかお厳しい言葉です。

ですが、ポイントはそれが罪だと知った時に、『知ろうとするか?』『知ろうとしないか?』です。

『知ろうとすれば、まだ修正のよ余地はあるが、知ろうともしないのであれば罪である』という事。

自己を改め、改心する気持ちが無いものが一番の罪でる。

と言ったように、この世の中での生き方や、治療家としての生き方や、人を治療するとはいかなる事なのか?

という事も、宗教学や哲学が真実を教えてくれるわけです。

なので、私は最近は先人の方々の『お知恵』をお借りするようにしています。
人間としてしっくりくるからですね。

そしてそれを参考にさせていただいて、行動している時の方が実にうまく行っているからです。

なので、私的には『非科学的=”未科学的”』『非医学的=”未医学的”』と考えています。

まだまだ、人類はやる事が沢山ありますし、知っている量よりも知ら無い量の方が圧倒的に多いですから。

まだまだ学問で全てを囲い込む事なんて無理なわけですよ。
学者ではありませんが・・・笑

だからこそ、こう言った世界も受け入れていただきながら、私の数百倍頭の良い各学者の方々に私たちもお知恵を借りたいわけですね。

実際、通常の五感、肉眼的観察によってわかる事はこの世の中の3%程度です。
もっと不思議な肉眼的観察はできず、『意識的観察』によって行われている物事がこの世の中の97%程度を占めます。

まだまだ、見方を変え無いとわから無い事だらです。

おっと。。。長々と長文になってしまいましたね(^◇^;)

また小出しにしていきます。笑

当院のブログをご覧いただき、感謝いたします。

ご予約はこちらから

↓  ↓  ↓

サムライ整骨院

札幌市中央区北1条西24丁目
4-1 東光ストア円山店2階

ご相談、遠隔・往診依頼メールはこちら

© 札幌円山整骨院・筋膜リリース・ボディートーク・心身療法 | サムライ整骨院